畜産学会若手企画HPトップ画像


  •  日本畜産学会若手企画委員会では、畜産学会の各分野から、その分野の未来を担うべき若手研究者が集い、様々な活動を行っています。

     その1つに若手企画シンポジウムがあります。そこでは、若手研究者独自の視点から畜産を研究する醍醐味をお伝えしています。これまで、新進気鋭の若手研究者や、若手に負けない熱意を持った経験豊富な研究者に講演頂きましたが、どの回も好評を得ております。

     また、若手研究者のための懇親会として、サイエンスナイトを開催しています。学会には全国から様々な研究者が集っているのに、緊張して発表して楽しく飲んで終わり、だけではもったいない!と考えたことはありませんか?そんな方は、ぜひサイエンスナイトに御参加下さい。分野や大学や年齢の垣根を超えて交流し、自分の研究を紹介し合って、研究の楽しさ、畜産についてとことん語りあいましょう。そこには、大学では味わうことのできない魅力がきっとあるはずです。

     さらに、このような活動を告知する場として、ホームページを開設しました。それに併せて始めた読み物のコーナーでは、私達が研究者を志した思いや研究者の日常生活などをエッセイとして赤裸々に綴っていますので、御笑覧頂ければ幸いです。

     私は、このような若手企画委員の代表を、2015年度より務めさせて頂くことになりました。私が若手企画委員会で楽しみにしているのは、若手研究者同士の切磋琢磨であり、それによる個の力の向上です。近い将来、これらの強い個の力が再び結集したとき、若手研究者に夢を与えるような研究が展開されることを期待しています。また、その大きな研究の力は、学会を発展させる最重要要因の1つであると考えます。若手企画委員会では、このような目標に向かって邁進したいと思いますが、それは、皆様の暖かい御支援なしに実現することはありえません。今後とも、若手企画委員会への御指導・御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い致します。

     最後に、若手企画委員会の活動は、公益社団法人日本畜産学会および財団法人旗影会のご支援により成立しております。この場を借りて御礼を申し上げます。

                           日本畜産学会若手企画委員会 代表 新村 毅