公益社団法人 日本畜産学会

2022年度日本畜産学会賞・日本畜産学会奨励賞受賞候補者推薦のお願い 2021/7/31〆切

 下記の要領で2022年度の受賞候補者をご推薦下さいますようお願い申し上げます.なお,推薦にあたっては日本畜産学会表彰規程を参照して下さい.

<学会賞>

対 象 者:2023年2月末日において満50歳以下の会員(1972年3月1日以降に出生の会員)

締  切:2021年7月31日(土)(消印有効)

送付資料(A4判,ただし別刷を除く)

  A-1.受賞候補者推薦書(様式4

   2.受賞対象研究内容の要約(2,000字以内)

    ・内容に対応するジャーナル名,発表年等をA-3の受賞対象業績リストに対応させて記載のこと.

   3.受賞対象業績リスト(最近5カ年以内)

         ・対象業績については日本畜産学会表彰規程の第10条に注意すること.

    ・業績リストは,学会報(92巻1号掲載)もしくはホームページの「日本畜産学会報のための論文投稿の

     手引き」10.引用文献の4)に従い,年代順に年代の古いほうから記載し,corresponding authorの場合は

     それを明記すること.

        ・未掲載のものについては,採択証明書のコピ-を添付すること.

    (1)日本畜産学会機関誌(Animal Science Journalおよび日本畜産学会報)に掲載されたもの(2021年

       7月31日までに採択されたものを含む)

    (2)日本畜産学会大会で口頭発表されたもの

    (3)関連学術誌に掲載されたもの(2021年7月31日までに採択されたものを含む)

    (4)受賞歴(2021年7月31日までに受賞・申請したものを含む)

      ・受賞内容が確認できる別刷等を添付すること.

      ・他の学会賞を受けた業績は,原則として本賞の対象としない.ただし,優秀発表賞のような論文

       発表を伴わない口頭発表に対する受賞は除く.

   4.上記業績のうち,主たる研究論文3編以内の別刷またはコピ-各10部

   5.受賞対象外の業績リスト

  B-1.受賞候補者推薦理由書(様式5

   2.推薦理由の要約(1,000字以内)

付記:1.受賞者には第130回大会講演要旨に掲載する原稿の執筆を依頼致します.

   2.受賞者は授賞式の後に講演をして頂きます.

   3.受賞者は日本畜産学会機関誌に総説を執筆して頂きます.

   4.日本畜産学会表彰規程第3章第9条(4)に基づき,2名以上の会員による共同研究を受賞対象研究業績

     とすることも可能です.

     その場合,受賞候補者はいずれも2023年2月末日において満50歳以下の会員である必要があります.

     また,上記A-1およびA-3から5の送付資料については会員毎に分けて提出して下さい.

 

<奨励賞>

対 象 者:2023年2月末日において満35歳以下の会員(1987年3月1日以降に出生の会員)

締  切:2021年7月31日(土)(消印有効)

送付資料(A4判,ただし別刷を除く)

  A-1.受賞候補者推薦書(様式4

   2.受賞対象研究内容の要約(2,000字以内)

    ・内容に対応するジャーナル名,発表年等をA-3の受賞対象業績リストに対応させて記載のこと.

   3.受賞対象業績リスト

          ・対象業績については日本畜産学会表彰規程の第16条に注意すること.

    ・業績リストは,学会報(92巻1号掲載)もしくはホームページの「日本畜産学会報のための論文投稿の

     手引き」10.引用文献の4)に従い,年代順に年代の古いほうから記載し,論文については,論文ごとに

     論文への寄与の状況(研究の立案,データ取得・解析,執筆,研究費の種類等)についての概要を200字

     以内で記載すること.

    ・未掲載のものについては,採択証明書のコピ-を添付すること.

     (1)日本畜産学会機関誌(Animal Science Journalおよび日本畜産学会報)に掲載されたもの(2021年

        7月31日までに採択されたものを含む)

     (2)日本畜産学会大会で口頭発表されたもの

     (3)関連学術誌に掲載されたもの(2021年7月31日までに採択されたものを含む)

     (4)受賞歴(2021年7月31日までに受賞・申請したものを含む)

      ・受賞内容が確認できる別刷等を添付すること.

      ・他の学会賞を受けた業績は,原則として本賞の対象としない.ただし,優秀発表賞のような   

       論文発表を伴わない口頭発表に対する受賞は除く.

   4.上記業績のうち,主たる研究論文3編以内の別刷またはコピ-各10部.

   5.受賞対象外の業績リスト

        6. 所属研究室・教室・ゼミ等における過去5年間の受賞暦

    (受賞者,受賞研究課題名および受賞研究内容の要約(200字以内))

  B-1.受賞候補者推薦理由書(様式5

   2.推薦理由の要約(1,000字以内)

付  記:受賞者には第130回大会講演要旨に掲載する原稿の執筆を依頼致します.

 

書類の送付先 :〒110-0008 東京都台東区池之端2–9-4 永谷コ-ポラス201号

              日本畜産学会事務局内 学会賞・奨励賞選考委員会

       

・資料は様式毎にファイル(Word)を保存して,学会事務局(info@jsas-org.jp)までファイル添付メールにて送付してください.

 なお推薦理由書については, 押印(電子印でも可)のうえPDF化してお送り願います.

・ご不明の点は学会事務局(Tel:03-3828-8409,Fax:03-3828-7649,E-mail:info@jsas-org.jp)にお問い合せ下さい.

2022年度日本畜産学会賞・日本畜産学会奨励賞

受賞候補者選考委員会 委員長