公益社団法人 日本畜産学会

第130回大会優秀発表賞演題の募集について

日本畜産学会第130回大会

優秀発表賞演題の募集について

公益社団法人日本畜産学会

優秀発表賞受賞候補者選考委員会 

委員長 菊地 和弘 

 

2022年9月14日(水)~17日(土)にオンライン形式で開催されます日本畜産学会第130回大会(東京農業大学)において,優れた発表に対し優秀発表賞を授与します.以下の募集要領に従ってご応募ください. 

 

 募集要領

1.応募資格

・学生会員,または2023年2月末日時点で満30歳以下の正会員で,応募演題の筆頭者かつ発表者に限ります.

・発表内容は,新規の内容が含まれ,未発表のものとします.

・発表は1人1題に限ります.また一般講演の発表者と兼ねることはできません.

2.応募方法

  演題登録ページ(http://jsas.confit.atlas.jp/login)おいて一般講演と同様の方法(※ただし,希望発表形式で「優秀発表賞演題」を選択すること)で講演申込をした後,以下の2点の応募書類を電子メールに添付して委員長宛に提出してください.

1)応募届(2000字以内の要旨を含む)

こちらから書式をダウンロードし,記入例を参考にWordで作成してください.

・ファイル名は「応募届XXXXX.doc」(XXXXXは演題登録システムでの演題登録番号)としてください.

2)演題登録完了時に返送される受付メール(テキストファイル)

・演題登録システムから返送された受付メールをテキストファイルとしたもの.

・ファイル名は「登録XXXXX.txt」(XXXXXは演題登録システムでの演題登録番号)としてください.

  提出先のメールアドレス:support@jsas-org.jp

  メールの件名:優秀発表賞応募XXXXX(XXXXXは演題登録システムでの演題登録番号)

  締め切り:一般講演と同じですが,必ず大会ホームページで確認してください. 

なお,応募方法について不明な点がありましたら,学会事務局(support@jsas-org.jp)宛に件名を「優秀発表賞に関する問い合わせ」としたメールにてお問い合わせください.

3.審査方法等

1)応募が40名を超えた場合には,応募届に記載された発表内容(2000字以内の要旨)に基づく予備審査を実施し,選に漏れた演題は一般講演となります.

2)ライブ配信による発表と,ひきつづき質疑応答を行います(これを可能とするインターネット接続環境をご確認ください).Zoomの画面共有機能を用いて発表いただきますので,講演資料はパワーポイントなどでご準備ください.

3)審査は理事長が選任した選考委員が行います.審査のポイントにつきましてはこちらをご覧ください.

また,発表演題について研究の背景・目的(何が解明されていて,何が未解決部分で,発表者が何を明らかにしようとしたのか,本研究が畜産学および畜産業の発展にどのような貢献を果たすか)を,応募届に記載する要旨に明示するとともに,発表時にも明確に盛り込んでください.

4)受賞者は大会HPにて発表します.賞状は後日発送いたします.

4.注意事項

  以下の注意事項をよく読んでご応募ください.

1)上記応募書類2点の提出後1週間以内に,応募を受付けた旨を電子メールにて返信いたします.もし返信がない場合は,学会事務局まで電話(03-3828-8409)にてお問い合わせください.

2)学会事務局から応募者への各種事前連絡は,原則としてすべて電子メールにて行いますので,大会開催直前までメールチェックを忘れずに行ってください.

3)締め切り後に応募の取り消し(一般講演への変更を含む)を希望する場合は,2.に記載されている応募届の提出先アドレス宛に,件名を「応募取り消しXXXXX」(XXXXXは演題登録システムでの演題登録番号)としたメールでご連絡ください.

4)例年,書類の不備が多くあります.応募書類の提出に際しては,十分内容を確認してからお送りください.

 

問合せ先:公益社団法人日本畜産学会 事務局 

TEL:03-3828-8409 E-mail:support@jsas-org.jp 

(事務取扱時間:月~金の9:30-16:30)