畜産学会若手企画HPトップ画像

第16回若手企画シンポジウム

ランチョンセミナー
「ネイティブが日本人に伝える英語プレゼンテーションの極意」

日時:2017年 3月28日 12:00-13:00

場所:神戸大学 鶴甲第1キャンパス B棟109

講演者:マイク ゲスト 先生(宮崎大学准教授)

参加費:無料(申込先着100名まで昼食付き)

世話人:原健士朗(東北大)、新村毅(農工大)、井尻大地(鹿児島大)

 申込方法:事前予約制です。ページ下の専用のWeb申込フォームから申し込み下さい。 要旨:多くの日本人研究者、特に国際経験の少ない若手研究者・学生の多くは、英語を用いた学会発表に対する苦手意識を持っていると思いますが、この克服方法を教わる場はほとんどありません。本会では、宮崎大学のマイク・ゲスト氏をお呼びし、ネイティブではない日本人が気を付けるべき効果的な英語プレゼンテーション方法をご解説いただきます。日本語と英語を織り交ぜたユーモアあふれる本講演は、国際学会で発表する機会のある全ての本学会員必聴のランチョンセミナーです。




若手研究者交流会

サイエンスナイト神戸
「畜産学と動物科学の狭間で  ~先輩研究者から若手へのエール~」

日時:2017年 3月29日 18:00-20:00

場所:神戸大学 六甲台第2キャンパス 101番(六甲台南食堂LANS BOX 2階)
*学会会場の鶴甲キャンパスより徒歩15~20分のところにありますので御注意下さい。

講演者:眞鍋 昇 先生(家畜改良センター理事)

参加費:学生1,000円 一般2,000円(当日お支払い下さい)

世話人:原健士朗(東北大)、新村毅(農工大)、井尻大地(鹿児島大)

 申込方法:当日参加も受け付けますが、できるだけ事前予約をお願い致します。ページ下の専用のWeb申込フォームから申し込み下さい。
要旨:サイエンスナイトは、学生を含めた若手研究者が一堂に会し、交流する企画です。食事を楽しみつつ、研究の楽しさ、畜産についてとことん語りあう場を提供します。神戸大会では、畜産学の未来を考えることを目的として、繁殖学分野の眞鍋昇先生(家畜改良センター理事)をお招きし、「畜産学と動物科学の狭間で」というタイトルでご講演頂きます。眞鍋先生がどのように研究生活を送ってこられたか?眞鍋先生がお考えになる畜産学の未来とは?若手に望むことは?眞鍋先生独自の視点から、若手にエールを送って頂きます。時として厳しいご意見も出るかもしれませんが、分野や年齢の垣根を越えた腹を割った語り合いがサイエンスナイトの醍醐味です。学生の皆さん、自称若手研究者の皆さん、研究室から飛び出して、畜産学研究の未来について熱く語り合い、交流を深めませんか?



申込フォームURL:

https://docs.google.com/a/go.tuat.ac.jp/forms/d/1s_el9dpWBcxe55U6YNrIADaQkWmBQUiyITeNOwDI4HI/edit




問い合わせ先:
原 健士朗(東北大)
〒321-0964 仙台市青葉区堤通雨宮町1-1
東北大学農学部動物生殖科学分野
Tel: 022-717-8685  Fax: 022-727-8687
E-mail: kenshiro.hara.b6@tohoku.ac.jp