TOPページへ戻る

第22回日本乳房炎研究会 シンポジウム・学術集会・総会


日時:平成29年10月6日(金)9:40〜17:00(9:00受付開始)
場所:国立科学博物館(東京都台東区上野公園7-20)
プログラム:
 ・学術研究/公募演題  口頭・ポスター発表 ( 9:45 〜 12:00)
 ・共催セミナー/共立製薬株式会社協賛    (12:00 〜 12:40)
    「乳房炎ワクチンの効果」  江口佳子(共立製薬株式会社)
 ・シンポジウム 『乳腺免疫の最新知見と乳房炎防除』 (13:15 〜 16:30)
   基調講演:乳腺免疫のユニーク性と乳房炎予防に向けた新概念の構築
            野地智法 (東北大学大学院農学研究科)
   講 演 1:乳房炎防除のための自然免疫機能の利用
            磯部直樹(広島大学大学院生物圏科学研究科)
   講 演 2:乳房炎由来菌のバイオフィルム形成能と慢性乳房炎との関係                                      
            山下祐輔(北海道中央農業共済組合)
   総合討論:乳腺免疫で乳房炎はどこまで防除できるのか?
 ・総会、熊本震災支援事業報告 (16:35 〜 16:50) 
 ・日本乳房炎研究会居百合子学術賞授与式
 ・情報交換会(17:45 〜 20:00)

参加費:会員3,000円、非会員5,000円、学生会員1,000円
情報交換会:会費4,500円(JR上野駅入谷口 ラ・ココリコにて立食)
問合せ先:日本乳房炎研究会事務局
         〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
                東北大学大学院農学研究科内
         事務局長;林智人(農研機構・動物衛生研究部門)
         E-mail;nipponmastitis@ml.affrc.go.jp
         URL;http://www.agri.tohoku.ac.jp/keitai/nyubou/index-j.html