TOPページへ戻る

第5回家畜感染症学会学術集会開催のお知らせ


テ ー マ:消化管疾患にどう向き合うか
日  時:2015年12月4日(金)14:00〜18:30(受付; 13:00より)
          5日(土) 9:00〜16:40(受付; 8:00より)
会  場:札幌国際ビル(国際ホール) 〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西4丁目1
     http://www.itogumi.jp/kokusai_hall/index.html
参 加 費:(事前登録は11月23日迄)
     事前登録: 正会員3,000円、賛助会員3,000円、非会員6,000円、学生1,000円
     当日登録: 正会員4,000円、賛助会員3,000円、非会員8,000円、学生1,000円
ホームページhttp://www.kachikukansen.org/meeting/meeting.html

プログラム:
【12月4日(金)】
教育講演:『腸における排除と共生 ―抗菌ペプチドと腸内細菌―』
       綾部時芳(北海道大学大学院 先端生命科学研究院)
第4回家畜感染症学会学術集会優秀学術賞紹介
一般口演(HPから演題募集中(10月25日締切))
平成27年度家畜感染症学会活動報告会 
【12月5日(土)】
推奨研究:『子牛の下痢症』
  1)『出生後からの幼獣の免疫システムの成長』 
     竹山夏実(日本生物科学研究所)
  2)『子牛下痢症の発生要因についての検討』 
     島田 亘(NOSAI連ちば)
  3)『仔ウシ由来大腸菌のエンロフロキサシン耐性に関する研究』 
     村田 亮(酪農学園大学)
  4)総合討論
『乳房炎全国アンケートクロス集計報告』 菊 佳男(動衛研)
乳房炎アンケートシンポジウム:   
  1)『乳房炎防除の課題(乳房炎に対する農家の意識と獣医師の意識の違いから)』
     大林 哲(十勝NOSAI)
  2)『大腸菌性乳房炎にどう対峙するか』 
     篠塚康典(麻布大学)
  3)『ミルカーから乳房炎を診る』 
     榎谷雅文(北海道デーリィマネージメントサービス)
  4)総合討論  

問合せ先:家畜感染症学会HP:https://sv23.plus-server.net/~kachiku/postmail/postmail.html
     家畜感染症学会事務局(佐藤礼一郎) E-mail:request@kachikukansen.org