TOPページへ戻る

名古屋大学大学院生命農学研究科 応用遺伝・生理学講座(動物機能制御学研究分野)
               准教授の公募について

  

この度、名古屋大学 大学院生命農学研究科 応用分子生命科学専攻では下記の要領で
准教授を公募いたします。

                   記

募集人員
 准教授1名

所属
 名古屋大学大学院生命農学研究科応用遺伝・生理学講座(動物機能制御学研究分野)

仕事内容
【選考方針】
 応用遺伝・生理学講座(動物機能制御学研究分野)は大学院生命農学研究科および
 農学部において動物生理学に関連する教育を担当しています。また、主に脊椎動物を
 対象として、季節適応機構、概日時計機構および成長制御機構の解明とその応用展開
 を目指して研究を行っています。
   本准教授選考にあたっては、上記またはその関連領域において優れた研究業績を
 もち、生命農学、さらには生命科学の発展に貢献できる人が求められます。また、大
 学院および学部の教育ならびに大学組織の管理運営に熱意と責任感および協調性を
 もってあたる人が望まれます。

応募資格
 博士の学位を有する方
 農学、生命農学の講義、実習ができる方

待遇
 常勤
 任期:なし
 給与:名古屋大学規定に基づき支給

応募方法
(1)応募期限
  平成26年10月31日(金)必着(書留・宅配便以外は受理いたしません)
(2)応募先
  〒464-8601 名古屋市千種区不老町
  名古屋大学大学院生命農学研究科 応用分子生命科学専攻
  応用遺伝・生理学講座(動物機能制御学研究分野)准教授選考委員会
  委員長 吉村 崇


応募に必要な書類
(1)応募する旨を明記した書類(応募者の連絡先、電話番号、e-mailアドレス等を
   含む)
(2)履歴書
(3)研究業績リスト(原著論文、総説、著書、特許等)
(4)論文、著書等の別刷り(主要なもの10編程度、コピーでも可、これらは返却
   いたしません)
(5)業績の説明(A4判、2,000字程度、研究業績リスト番号を引用のこと)
(6)今後の研究に関する計画と抱負(A4判、2,000字程度)
(7)名古屋大学における教育に対する考え方と抱負(A4判、1,000字程度)
(8)過去5年間の研究資金獲得状況(科学研究費補助金等の競争的資金について代
   表と分担に分けて、名称と金額を明記のこと)
(9)その他(社会・学協会活動の状況等)
(10)応募者について照会できる方2名の氏名、連絡先、電話番号、e-mailアドレス
(11)上記の(4)を除く、(1)〜(10)の提出書類を1つのPDFファイルに
   まとめ、紙媒体とともにCD、USBメモリ等で、提出してください。

その他
(1)着任時期:平成27年1月以降のできるだけ早い時期
(2)選考の過程で面接等をお願いすることがあります。
(3)当研究科では、男女共同参画推進に積極的に取り組んでいます。
(4)選考の過程については原則として研究科内公開ですが、個人情報保護法は遵守
   されます。
(5)科学技術振興機構研究者人材データベース(JREC-IN)のウェブページにも掲載
   していますので、ご参照ください。

問い合わせ先
  〒464-8601 名古屋市千種区不老町
  名古屋大学大学院生命農学研究科 応用分子生命科学専攻
  応用遺伝・生理学講座(動物機能制御学研究分野)准教授選考委員会
  委員長 吉村 崇 
  (問い合わせ等はe-mailにて委員長まで takashiy@agr.nagoya-u.ac.jp