TOPページへ戻る

日本動物遺伝育種学会第15回年次大会開催のお知らせ


 日本動物遺伝育種学会第15回年次大会を下記の要領で開催いたしますので,多数のご発
表・ご参加をお待ちしております.参加申込・発表申込の詳細につきましては学会ホームペー
ジ(http://bre.soc.i.kyoto-u.ac.jp/~jsabg/)をご覧ください.
日  時:2014年10月31日(金)-11月1日(土)
会  場:独立行政法人理化学研究所(埼玉県和光市広沢2-1)
参 加 費:大会参加費
     普通会員 :前納 5,000円 当日 6,000円
      学生会員 :前納 2,000円 当日 3,000円
       非会員   :前納 6,000円 当日 7,000円
     懇親会費
     前納 4,000円(学生会員2,000円),当日 4,500円(学生会員2,500円)
前納締切:10月10日(金)
日  程10月31日(金) ポスター発表,口頭発表,総会,シンポジウム,懇親会
シンポジウム:「テーマ: ゲノムからみた遺伝育種と生命進化」
 1.「ゲノム研究は和牛の育種に貢献してきたか」
   杉本喜憲(動物遺伝研究所)
 2.「BoLA-DRB3アリルを指標とした牛白血病発症抵抗性遺伝子保有黒毛和種種雄牛の作出」
   藤田達男(大分県農林水産研究指導センター)
   間 陽子(理化学研究所)
 3.「胚・細胞の品質管理に向けた高精度1細胞RNA-Seq法の開発」
   二階堂 愛(理化学研究所 情報基盤センター)
 4.「マウスの未知突然変異の検出と実験集団遺伝学」
   権藤洋一(理化学研究所 バイオリソースセンター)
 5.「哺乳類の進化とレトロウイルス」
   宮沢孝幸(京都大学ウイルス研究所)
11月1日(土)  口頭発表,ランチョンセミナー,ポスター発表
 ランチョンセミナー:「Cruising inside cells」
  宮脇敦史(理化学研究所 脳科学総合研究センター 副センター長)
問合せ先:独立行政法人理化学研究所 分子ウイルス学特別研究ユニット内
     日本動物遺伝育種学会第15回年次大会 
     大会実行委員長:間 陽子(理化学研究所 ユニットリーダー)
     TEL:048-462-4420 FAX:048-462-4399 
     E-mail:jsabg15@riken.jp