TOPページへ戻る

                                     平成23年12月26日
各 位 
           岩手大学農学部動物科学課程准教授候補者の公募について

                               岩手大学農学部 
                               動物科学課程准教授選考委員会 
                               委員長   橋爪 力 

謹啓 

時下益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。 
さてこの度、本学農学部では動物科学課程准教授候補者を下記の要領で公募することとなりました。
適任な方がおられましたら、ご応募いただくようご周知いただきたくお願い申し上げます。 

                                          敬白 

                     記 

1. 動物科学課程の概要と准教授選考方針 

 動物科学課程は獣医学課程、農学生命課程、応用生物化学課程、共生環境課程と共に農学部の5課
程を構成しています。動物科学課程の定員は教授 4名、准教授 4名、助教 1名です。本課程の教育
研究理念は、産業動物、実験動物、展示動物、野生動物などを対象として、動物の生態や機能につ
いて、知識や技術を教授し、動物科学全般に関する基礎的ならびに応用的研究を通して、その成果を
地域特性や環境保全に配慮した動物生産ならびに動物関連産業に貢献できる人材を育成することです。
そのために、本課程は動物遺伝育種学分野、家畜繁殖学分野、動物生殖工学分野、家畜生産生理学分
野、家畜飼養学分野、動物栄養機能学分野、動物管理学分野、動物資源利用学分野、動物生体機構学
分野の教育研究体制をとっています。 
 今回の選考は動物生殖工学分野の准教授1名を補充するもので、准教授としてふさわしい研究業績
ならびに人格を有する方で次の諸項を満たす人材が望まれます。(1)大動物を対象とした家畜生殖工
学に関する知識と研究能力を備え学生の教育と研究指導を行い得る方、(2) 遺伝子工学的手法を兼ね
備えた方、 (3) 牧場実習や家畜人工授精師(牛)養成講習会を担当できる方、(4)北東北の地域特性を
生かした地域貢献について前向きに取り組むことのできる方、(5)大学・学部運営にも貢献し得る方。 

2. 選考条件 

 1)職名・人員:准教授1名 
 2)所属:農学部・動物科学課程 
 3)専門分野:家畜生殖工学 
 4)予定担当講義 
  (1)学部: 動物生殖学、動物生殖学各論、家畜生殖技術論、動物発生学、動物科学総論、 
       動物科学実験、牧場実習、全学共通教育科目 
  (2)大学院:家畜生殖工学関連科目(採用後、決定)
 5)応募資格:博士の学位と家畜人工授精師(牛)免許を有する方 
 6)任用時期:平成24年4月予定 
 7) 提出書類 
  (1) 履歴書(写真を添付すること。メールアドレスを記載すること。) 
  (2) 研究業績一覧(別紙様式の通り) 
  (3) 主要な論文5編の別刷り(コピー可) 
  (4) 主な研究概要 (2,000字程度) 
  (5) 教育に対する抱負(1,000字程度) 
  (6) 研究に対する抱負(1,000字程度) 
  (7) 社会貢献に対する抱負(1,000字程度) 
  (8) 研究代表者として過去5ヵ年間に得た研究資金の獲得状況 
   (応募書類は原則として返却しません。) 
 8)応募締切:平成24年1月27日必着 
 9)選考方法:公募書類の選考を行い、必要に応じて面接します。 
  (面接を行う場合、旅費は応募者の自己負担となります。) 
 10) 提出先(問い合わせ) 
  〒020-8550 盛岡市上田三丁目18−8 
  岩手大学農学部 動物科学課程准教授選考委員会 委員長  橋爪 力 
  TEL & FAX: 019-621-6161 
  E-mail: hashi@iwate-u.ac.jp 
  (封筒の表に、「動物科学課程准教授応募」と朱書し、書留郵便にてお送り下さい。) 


 岩手大学は男女共同参画を推進しています。業績及び資格等に関わる評価が同等と認められる場合
には、女性を優先的に採用します。両住まい手当制度や子育て・介護中の研究者に対する支援策等に
ついてはこちら(www.iwate-u.ac.jp/gender/)をご覧ください。 

                                        以上