東北地方太平洋沖地震被災研究者支援「緊急の共同利用研究」に関するお知らせ


会員の皆様へ

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構より、標記の案内が来ているのでお知らせします。

----------------------------------------------------------------------
東北地方太平洋沖地震に伴う災害で命を落とされた方々のご冥福をお祈りいたします
とともに、被災された皆さま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。一
日も早い復旧によって、被災者の皆様が安定した生活を取り戻されることをお祈りい
たします。このたびの地震は東北、関東地方の大学等、研究機関に甚大な損害を与え、
研究活動にも大きな支障があるとのことです。基礎生物学研究所では、被害を受けら
れた研究者の皆様の研究教育活動の早期回復を支援するために、一定期間基礎生物学
研究所において研究を継続していただく機会を提供したいと考えています。
 
「緊急の共同利用研究」
 研究室が被災し、研究の遂行が難しくなった研究者を基礎生物学研究所に受け入れ、
 研究の場を提供します。関心のある方は、基礎生物学研究所のホームペー
 ジ(http://www.nibb.ac.jp/)の「緊急の個別共同利用研究」
 (http://www.nibb.ac.jp/support)欄をご覧いただき、研究室リストの中から、ご
 自分の研究内容に関わりが深い研究者を選んでご相談下さい。適当な所内対応者が
 見つからない場合などは、広報国際連携室(E-mail: kouho@nibb.ac.jp  倉田特任助教)
 までご相談下さい。
 
 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
 基礎生物学研究所長 岡田清孝
 基礎生物学研究所
 生殖細胞研究部門 助教 原健士朗
----------------------------------------------------------------------