第2回疾患モデルシンポジウム開催のお知らせ
 
 (社)日本実験動物学会では、下記の通り第2回疾患モデルシンポジウムを開催しますので、ご案内いたします。

  記
 テーマ: 生殖細胞のなりたちから不妊治療の基礎まで
 日 時: 2009年11月17日(火)午後1時30分〜5時
 会 場: 弥生講堂(東京大学農学部)
  〒113-8657 東京都文京区弥生1−1−1
電話:03-5841-8205  URL:http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/
 参加費: 無料
 
主催: 日本実験動物学会
 共催: 日本繁殖生物学会
 後援: 日本受精着床学会
 連絡先: 日本実験動物学会事務局
  〒113-0033 東京都文京区本郷5丁目29-12
  赤門ロイヤルハイツ1103
  TEL: 03-3814-8276  FAX: 03-3814-3990
  E-mail: JDK06323@nifty.ne.jp
  URL: http://wwwsoc.nii.ac.jp/jalas/
 企画担当(オーガナイザー): 
  岡部勝(大阪大学)、国枝哲夫(岡山大学)

 1.マウスの精子形成を維持する幹細胞システムとその制御機構 
  吉田松生(基礎生物学研究所)
 2.生殖機能障害のモデル動物−精子形成異常を中心にして−
  国枝哲夫 (岡山大学自然科学研究科)
 3.小胞体品質管理の破綻が引き起こす精子受精能障害と雄性不妊 
  伊川正人(大阪大学・微生物病研究所)
 4.マウス初期胚発生におけるオートファジーの新たな役割  
  塚本智史(放射線医学総合研究所)
 5.実験動物における顕微授精の応用  
  越後貫成美(理研BRC)
 6.哺乳動物着床前初期胚ライブセルイメージング技術の開発と胚評価への応用  
  山縣一夫(理研CDB)