お知らせ

日本畜産学会若手企画準備委員会によるアンケートの実施について

 6月30日に開催された日本畜産学会理事会において「大会のあり方ワーキンググループ」による最終報告が承認されました。その報告の中で、「近年の大会では関連学会として若手の会員が独自にシンポジウムを開催するといった動きがあった。本ワーキンググループとしては、今後、このようなシンポジウムを大会行事として取り込むような形で、学会として支援するような具体的な方策を検討するよう要望する」との指摘があり、日本畜産学会としても若手会員の活動に対し、可能な限りの協力を行うこととなりました。その一貫として、昨日、40歳以下で会員登録時に電子メールアドレスを登録されている会員に対し、日本畜産学会若手企画準備委員会からアンケート用紙が発送されました。電子メールを受け取りました会員の皆様には、是非ともご協力をお願いいたします。  

 理事長依頼文

 庶務担当常務理事

お知らせ