お知らせ

第5回 放牧サミット開催要領

 主 催:  全国飼料増産行動会議
       社団法人 日本草地畜産種子協会

1.テーマ・目的

 「放牧が及ぼす効果とその普及について」

 地域特性を活かした放牧の普及を図るため、耕作放棄地の解消、獣害防止等の放牧による
 地域活性化等の効果及び放牧畜産物の機能性成分等の放牧の効果を明らかにし、放牧の普及
 方策を検討する。

2.開催日時

 9月21日(水) 午後1時 〜 9月22日(木) 午後3時

3.開催場所

 講演・パネルディスカッション : 山口県山口市 「ホテルニュータナカ」
                    083-923-1313
 現地検討 : 山口県秋芳町,長門市油谷(特区)他

4.日程
 第1日目 9月21日(水)
 「講演会・パネルディスカッション」             13:00〜18:00
(受  付)                         12:00〜13:00
開会・挨拶                          13:00〜13:30
特別講演                           13:30〜14:10
  「放牧がもたらす効果について」
    北里大学教授 フィールドサイエンスセンター長  萬田 富治 氏
基調講演(1)                        14:10〜14:40
  「中山間地域における日本型放牧による地域再生について」
    近畿中国四国農業研究センター畜産草地部長    土肥 宏志 氏
基調講演(2) 14:40〜15:10
  「耕作放棄地を活用した山口型放牧技術の確立と推進体制の構築」
    山口県畜産試験場育成業務課長          澤井 利幸 氏
休 憩                            15:10〜15:20
事例発表
 (1)島根県の事例                     15:20〜15:45
   「山地畜産と地域活性化について」
     木次乳業相談役                佐藤 忠吉 氏
 (2)富山県の事例                     15:45〜16:10
   「立山地域における水田放牧について」
     富山県農業普及指導センター園芸畜産課     佐丸 郁雄 氏
 (3)山口県の事例                     16:10〜16:35
   「山口油谷水田放牧(山口型放牧)特区について」
     山口県長門農林事務所畜産部畜産振興課     岡田 講治 氏
 休 憩                           16:35〜16:45
 「パネルディスカッション」                 16:45〜17:50
  「放牧が及ぼす効果とその普及について」
               土肥 宏志 氏 (近畿中国四国農業研究センター)
               姫田  尚  氏 (農林水産省畜産振興課長)   
               増田 淳子 氏 (ジャーナリスト)
                他、講演者及び事例発表者
 閉会・挨拶                         17:50〜18:00

 (懇談会 「ホテルニュータナカ」              18:15〜20:00)

 
 第2日目 9月22日(木)

 「現地検討」 (バス利用)                  8:30〜15:00

 集合・出発  ホテルニュータナカ               8:30
           (1) 千人塚放牧場  (美祢郡秋芳町)
           (2) 奥畑放牧場   (長門市畑)
           (3) 山本放牧場   (長門市油谷)
           (4) 特区放牧場   (長門市油谷)
 解散     JR新山口駅                 15:00
        山口宇部空港                 15:40

5.会費
 参加費     2,000円
 懇談会費    5,000円

問い合わせ先

(社)日本草地畜産種子協会 〒104-0031東京都中央区京橋1−19−8
TEL  03−3562−7032     FAX  03−3562−1651
草地畜産部(須田) e-mail : suda@souti-fsa.or.jp
      http://souchi.lin.go.jp/event/summit/summit05.html

お知らせ